歯医者

歯並びの大事さ

白い歯

日本人は、欧米人などと比べると歯のホワイトニングや、歯並びの良さにあまり頓着しないといわれています。あるアンケートでは、「日本人の歯並びの悪さは世界でも有数のレベル」といった意見が聞かれるなど、日本人の歯並びに愛する意識の低さは海外からも不思議に思われるぐらいなのです。しかし、その次代も終わりが見えてきています。最近は国内でも歯並びを気にする人も増え、それにともなって矯正歯科に通っているという人も増えてきているのです。審美歯科や矯正歯科を利用するのも、だいぶ当たり前になってきています。

銀座エリアには、そうした矯正歯科が多く営業しています。銀座といえば、東京都内でも有名なセレブが集まるエリアです。銀座には有名ショップのほか、大手の矯正歯科や美容外科クリニックや全国チェーンの美容皮膚科なども営業しています。銀座の矯正歯科で歯を矯正する前に、予備知識を知っておきましょう。

歯の矯正は、一般的に金属ブランケットや審美ブランケットと呼ばれる矯正器具を付けて行われます。矯正器具が目立たない色になっていたり、装置自体が小型になって楽に装着できるように成っていたりと、矯正器具はさまざまな変化を遂げています。どんな矯正装置を使うかに寄って、費用が変動してくるという特徴もあります。たとえば、金属ブランケットと呼ばれる装置は比較的安価ですが、銀色の矯正装置なので目立ちやすいといった特徴、審美ブランケットは透明な装置なため、目立ちにくいがやや高額になるといった特徴などがあります。