歯医者

どんな場所なのか

歯科

歯医者や矯正歯科、審美歯科など、歯やその周辺の健康をケアする場所はたくさんあります。虫歯の治療をするのはもちろん、歯並びを矯正したり、綺麗にホワイトニングをしたりといったことは、歯を美しく健康に保つためには欠かせないものです。特に歯並びの矯正は、笑顔の印象を左右する歯並びを綺麗に整えることができるとあって人気の施術です。

歯並びの矯正には、一般的には特別な矯正道具が使われます。歯科技工所では、その矯正道具を作ったり、入れ歯や差し歯、金冠などの道具を作ったりする場所です。歯の治療や矯正に欠かせない道具の制作、修理に携わっている場所です。歯科医療の大事な部分を担っている組織ですので、歯科技工所は今や歯科医や審美歯科とってなくてはならない場所です。

歯科技工所で働いている専門職の人々は、一般的に「歯科技工士」と呼ばれています。歯科技工士は、患者さん一人ひとりの歯並びや口腔環境に合わせた義歯や入れ歯、差し歯、矯正道具などを作る必要があるので、繊細な技術と冷静な判断力が求められます。また、患者さん一人ひとりの噛み合わせに合わせて繊細に器具を制作することはもちろん、歯の形や色など審美的なセンスも追求されます。

歯科技工所が制作している器具は、おもに歯の矯正器具や義歯、入れ歯や差し歯、インプラントなどがあげられます。これらの器具を、各歯医者や歯科医と連携しながら作っていきます。